M1 MacBook Air購入で暮らしが劇的に良くなった!② – Samurai Blues Collection
PC

M1 MacBook Air購入で暮らしが劇的に良くなった!②

前回の続き。M1 MacBook Airを購入。人生で初めてのMac。

そして、生活が劇的に豊かになったお話。

購入前の心情として、俺はとにかくMacが欲しかった。だって、かっこいいんだもん。

しかし、ここで少し冷静になって考えよう。俺は、なぜパソコンが欲しいのか。

「10」の呪い(ブログ①参照)はもちろんストレスだが、10年以上使い続けたのは

俺は、何がしたいのか?

本当に新しいパソコン必要???

■Mac(新しいPC)がほしい理由

①DTM(前のPCだと挙動不審で限界を感じていた)

②YoutubeやらAmazon Prime VideoやらHuluやら、動画や映画沢山見る

③音楽・音源の保存(DTMでリミックス制作用として、スマホ転送用として)→前のPC不具合多発

④動画編集(ほぼやらないけど、興味ある)

⑤写真のRAW現像(カメラ買ってから興味出てきた)

⑥ネットで買い物(まあ、ほぼスマホで買っているが。。。)

⑦PC周辺機器を沢山充実させたい(前のPCだと映えない)

⑧スタバとかでパチパチやってオシャレ感出したい(本当にやるか?)

⑨ノートPCなのに重い(肩外れるんじゃないかってぐらい重い)

⑩バッテリーが10分ぐらいで無くなる(これも相当なストレス→ほぼデスクトップPCとして使用。。。)

こうして見ると、⑦・⑧は置いておいても①・③・⑨・⑩がかなりのストレスだったな。

そして、どんなPCが欲しいのかスペックなどを考えてみると、、、

■必要とされるスペック

①CPU=DTMやるならCore i5以上あれば良い

②メモリ=8Gでもいけるっちゃいけるけど、16Gあれば素人DTMerには十分

③HD/SSD=処理スピードを考えてSSD一択&516G以上(大容量プラグインを想定)

④軽いやつ!いつでもどこでも気軽に持ち運べる重さのやつ!

⑤バッテリー長持ちするやつ!ついでに、アダプターが軽いやつ!

こーなると、特に②が影響して「MacBook Proになるかー」「値段が(高い)なー」。。。と二の足を踏んでいました。

しかし、

なんと!

2020年秋に発売されたMacBook Airはメモリ16Gまでいける!?

自社開発チップ(CPU)にしたことで、MacBook Airでも最大16Gまでメモリ拡張できるという偉業を成し遂げたとのこと。

約1年間M1 Macの存在を知らなかった俺は、「ティム、早く言ってよ〜。」と思いながらApple Storeに自然に足が向いていた。

続く。

東証一部上場企業で店長とエリアマネージャーを国内・海外で経験。 本部では、①人事・採用・教育部で様々な人材の面接から教育、②新卒採用のインターンシッププログラム作成、③店長・エリアマネージャー教育のフォーマット作成と研修の実施。 ビジネススクールに通うことで得た学びや多種多様な人材とコミュニケーションをとることで得た経験から、様々なノウハウをお伝えしていきたいと思います。 多趣味なので、同じようなことが好きな方に向けて、少しでも有益な情報の発信もできたらと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。