グローバル化と幼少期からの語学学習② – Samurai Blues Collection
中国語,  英語,  語学・外国語

グローバル化と幼少期からの語学学習②

すでに始まっているグローバル化に向けて、幼少期より他国言語を

学習・使用する機会があった方が良い。

もちろん、大人になってからでも遅くない。

いざ、自分が日本以外の国で働かなければならなくなった時、

今の自分や今後の自分に多言語を求められることになった時、

困らないように準備しておきましょう!というとこと、

「なぜその言語を学ぶのか?」という目的を明確に持つことが必要

というお話です。

2012年の夏。

当時の上司から「来月から中国に異動」と電話がきました。

1ヶ月後には中国?

自分の状況がイマイチ理解できず、ただただ呆然としました。

まあ、グローバル展開している会社なので、

いつか自分も海外への異動はあるだろうと思っていましたが、

今ですか!!!

私は、英語はカタコトで、ましてや中国語は

今まで興味すら持っていない状況でした。

まあ、何とかなるだろうと深く考えていませんでしたが、

現地に着いてからは苦労の連続。

当時は日本との領土争いで治安も良いとは言えず、

2週間はホテルから出るなと言われていましたが、

なぜか怖いもの知らずの私は普通に食事や

買い物で外出していました。

しかし、言葉が全く分からないので

赴任当初は以下の「困ったポイント」がありました。

①何がどういう料理なのか分からない

②ポテチが何味か分からない

③銀行口座の作り方が分からない

④電車やバスの乗り方が分からない

⑤電車やバスに乗ったのは良いが、行き先が合っているか分からない

⑥外出時に道に迷って困った時に助けを求められない

⑦なぜ怒っている(怒っているように見える)のかが分からない

⑧タクシーなどの列に並んでいるのに、自分の前に割り込まれるが

何と言って良いか分からない

⑨ホテルのシャワーでお湯が出ないのに、フロントに行っても

英語が通じない

⑩カップヌードルの味が日本と全然違うのに、何味か分からずに

諦めて食べるしかない

そんなコトで???と思われたそこのあなた!

いやいやいや!

これ、本当に困ったんです!!!

特に、カップヌードルとポテチの味が分からないところ!w

次に、仕事の「困ったポイント」は以下です。

一応、赴任後から2年間は通訳の方がいらっしゃるとのことで

安心して行ったのですが、、、

①通訳はおらず、通訳の候補者を面接するところからスタート

②通訳が見つかるまでは一人で新幹線などで移動

③新幹線のチケット購入方法が分からず、チケット売り場で

俺の後ろに長蛇の列

④中国人の部下・同僚と仕事をしていても、問題・課題・原因などを

伝えることができない

⑤日本語どころか英語もほとんど通じない

⑥一部の中国人は超絶ネイティヴな発音で英語を話す

しかも急に

⑦明らかに取引先のミスなのに、改善要求が自分で出来ない

⑧赴任1ヶ月後にようやく通訳の方が決まるが、3ヶ月で退職

⑨日本の漢字と中国文字(簡体字)、ほぼ違う

⑩日本語と中国語で漢字は同じでも意味が違うものがある

もっともっとあるのですが、

いや〜、当時は本当に凹んでいました。

ここで、私の体験から言えるのは、

・習うより慣れよ

・使いながら慣れよ

です!

要するに、インプットよりもアウトプットの回数が

多ければ多いほど、身に付きます。

また、

・相手を理解する

・自分の意識と行動を変える

という2つも重要。

当初、言葉が分からないのがストレスでした。

一方で、日本とは全然違う文化や習慣、その国の人が

何を大切にしているのか?などを自分から深く理解を

しにいく姿勢や心構えみたいなのが、

圧倒的に不足していたと思っています。

そして、なぜその言語の習得が必要なのか?

何を成し遂げたいのか?という目的の明確化が必要。

私の場合は、最初は言葉を覚えるのが目的になっていましたが、

「同じ事業を通して中国という国とその国で生活する人の

生活水準を豊かにする」という目的が明確になった時期から

中国語学習に本気で向き合えたな、と思います。

続く。

東証一部上場企業で店長とエリアマネージャーを国内・海外で経験。 本部では、①人事・採用・教育部で様々な人材の面接から教育、②新卒採用のインターンシッププログラム作成、③店長・エリアマネージャー教育のフォーマット作成と研修の実施。 ビジネススクールに通うことで得た学びや多種多様な人材とコミュニケーションをとることで得た経験から、様々なノウハウをお伝えしていきたいと思います。 多趣味なので、同じようなことが好きな方に向けて、少しでも有益な情報の発信もできたらと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。